スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
桃の節句
去年は産まれて間が無かったのと、実家に居たので桃の節句は私のお雛様で祝いました。
30数年前、両親が日本橋の三越で買ってくれたガラスケース入りの木目込み人形(一応全員揃ってます)
当時は7段飾りが主流で私のは小さくて何だか寂しかったけど、大人になってその良さや愛着で「娘に譲ろう」と思っていました。
が、ママ友とお雛様の話になって時「その娘の厄を引き受ける意味が有るから新しいのを揃えた方が良い」との事
(ただし、最近は継承するのも良いのでは?と言う考え方も広まってるようですが)
そんな事を聞いたら何だか居ても立ってもいられず、昨日浅草橋まで走りました

初めて訪れた浅草橋
駅周辺には「久月」「秀月」「吉徳」が並びます。
何も知識が無かったけど一応「小ぶりの木目込み人形を」とだけ決めてお店をめぐります。
今まで知らなかった人形に関する話を聞きながら見て歩くと、だんだんと自分達に合いそうな雛人形像が見えて来ました。

一つ目は「立ち雛」これは珍しく手が出てます。後ろの竹で出来た屏風代わりの飾りも珍しい一品
20080210103720.jpg


こちらはケースに入ってます。
作家物の木目込み人形。少し人形を知ってる人ならバランスの取れた納得のお品のようです。
20080210103734.jpg


そしてこちらも作家物。
珍しく3人官女が白装束に赤袴です。
20080210103749.jpg


この3点に絞って検討(勿論お財布と)
結局何年も使う物だし・・・(きっと、ネ)と少し予算オーバーになりました。
やっぱり見てしまうとどうしても・・・
でも実家が西のお友達は7段飾りで20万値切って買ったとの事。
これって元値はお幾らなんでしょうか??
(お雛様はお嫁さんの実家で揃えるのでそこまで値切ったお母様が凄い)
まぁ、それに比べれば我が家のは値段も見た目もホント可愛いもんです。

来週には到着なので、公開は又後日!!


スポンサーサイト
【2008/02/10 11:02 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<延期~実施未定 | ホーム | お誕生日会>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tama212.blog109.fc2.com/tb.php/167-4637a8f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。