スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
いよいよ。。。
2007年2月
初めての出産は破水から始まった。
2月11日の早朝(6時台)
予定日の3日前の事だった
そのまま出産予定の病院に入院
そこから半日は特に何もなく過ぎ・・・でも破水しているので安静に寝てるだけの状態
入院した11日の夜から微弱陣痛が始まったけど子宮口が開く気配は全くなし
11日は丁度日曜だったので陣痛室=出産室(完全個室)にパパはそのままお泊りしてくれてソファーで待機
(後で聞けば全く寝れなかったようだ)
翌12日祝日、子宮口が開く気配は全くナシ
ここで普通なら病院内を歩いたり階段を上り下りしたりでお産を進ませるんだけど、破水の場合は歩くなんて事して羊水が無くなったらキケンな為に安静にするしかなく、お産が進ませる手立てはない。
破水から30時間・入院からも30時間ほど経った12日の昼頃から段々陣痛が強くなったけど子宮口は硬いまま
私の場合、お尻の穴付近に燃えるような痛みがあり、祝日でお休みだったパパに硬球テニスボールで抑えてもらったりした
そして「このまま子宮口が開かなければ帝王切開!」とも言われたがこの日も祝日で病院は休み
麻酔科が居ないため「明日までこの状態なら手術」と言われ、ベットに寝たまま明日に備えてレントゲンや採血などを撮ったりした。
思いがけず言われた「帝王切開」
でも言われた頃は陣痛の痛みが凄くて早く明日にならないかな!とさえ思った。
休日なのが恨めしかった!
そして昼間付き添ってくれた助産婦さんが夜勤の方と交代する時間
ずーっと付き合ってくれた助産婦さん
子宮口を何度も何度も確認してくれて「もう少し!」のところまできていたようで・・・
交代する直前も何度も手で確認し・・・
今思えばあの行為は最後に少し手で広げてくれた気がする・・・
そこから一気にお産が進み、12日17時54分にたま姫が誕生となったのです

あ~あの燃えるような痛みの陣痛!
それも微弱も合わせると24時間以上の痛み!
そして産んだ後の達成感と恍惚!

出産の痛みや辛さは産まれしまえば文字通り「喉元過ぎれば・・・」で忘れてしまう
次回も自然で!とも思わずでもない
でもでも!
今回、家からすぐの産院は無痛分娩率が80%と高い「無痛分娩推奨産院」
「計画って事は出産日(誕生日)が計画で決まってしまうのねぇ」と些か不自然な気もするけど、二人目帝王切開なんて完全に計画だし、又今回は退院後に即日常に寝てられない生活なので「無痛計画分娩」を選択しました。

そしてそして!
いよいよ出産日が今日決まりました
2011年9月24日(金曜日)
何もなければこの日が誕生日となります

但し経産婦の怖さで既に子宮口が1cm開いているらしく、若しかしたら若しかすると!この予定日より先に自然に産まれてしまうかもしれません・・・
この場合、麻酔が間に合わなくって無痛にならない事も
ホントお産って何があるかわからない!
とにかく、これからの数日間は身辺整理&出産後に出来ない片付け&掃除諸々に費やしたいと思います
あ!一番は一人っ子じゃなくなりいきなり注目されなくなるたま姫とのコミュニケーションを充分に!ですね
スポンサーサイト
【2010/09/07 22:53 】
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<手相 | ホーム | 夏も終盤>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tama212.blog109.fc2.com/tb.php/671-813125c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。